エフピコチューパ農産本部

農産トピックス TOPICS

お問い合わせはこちら
2021.02.10 農産トピックス

使用済み容器リサイクルによるカーボンオフセット実現に向けエフピコと三井物産グループが屋根上太陽光発電の協業開始(2月1日発表)

エフピコチューパが所属するエフピコは、使用済み容器リサイクルによるカーボンオフセット実現に向け、三井物産グループである三井物産プラントシステム株式会社と太陽光発電の協業を2021年2月1日に開始しました。

 協業に伴うCO2削減効果をふまえ、エフピコグループは「エフピコ カーボンオフセット宣言」を策定し、以下2点の達成に向けて取り組むこととしております。

  • 自社エコ製品(エコトレー、エコAPET、エコOPET)の販売によるCO2排出削減を

2023年3月期までに19.2万t(2020年3月期比+20%)に増やし、生産部門で発生するCO2排出量をオフセットします

  • 自社エコ製品(エコトレー、エコAPET、エコOPET)の販売によるCO2排出削減量を2025年3月期までに23.7万t(2020年3月期比+48%)に増やし、全社(生産部門・物流部門・オフィス部門)で発生するCO2排出量をオフセットします

詳細は添付資料または、以下ホームページからご覧ください。

〈添付資料〉

https://www.fpco.jp/dcms_media/other/press_keieikikaku_20210201.pdf

【エフピコチューパとは】

エフピコチューパは、食品包装資材のリーディングカンパニーである株式会社エフピコのグループ企業として、設立以来47年の歴史を持つ、食品容器の総合メーカー。

北海道から沖縄までの全国8拠点に自社の支店および営業所を展開し、エフピコグループの全国18箇所の生産拠点、海外提携工場およびそれを結ぶ全国9箇所の配送センターによる物流ネットワークを活用し、迅速で安定した商品供給体制を構築している。

毎日の食を支えるパッケージの中で、豊かで美味しい時間を演出する…「少しだけ未来」を近くに感じる…そして、安全・安心を「生産から食卓まで」結ぶ多彩なパッケージプロダクツを提案している。

【会社概要】

会社名 :エフピコチューパ株式会社

代表者 :代表取締役社長 平田光史

設立  :1973年10月

資本金 :1億円

事業内容:

食品容器総合メーカー

菓子・惣菜・弁当類 包装資材の販売。

青果包装資材・農産物包装資材・農業用資材の製造・販売。

所在地 :東京都新宿区西新宿6-8-1 新宿オークタワー35F

◆エフピコチューパオフィシャルサイト

http://www.chupa.co.jp/

◆エフピコチューパ農産本部Get Along Together

http://chupa-nosan.com/

◆エフピコチューパ 農産YOUTUBEチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCPwb4sGAld_SiCBcxliyaZg

【リリース・事業内容に関する問い合わせ先】

エフピコチューパ株式会社

TEL: 03-5339-2270

(担当:農産・青果PJチーム 上原)

受付時間:10時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・年末年始を除く)

エフピコチューパ農産本部 Get Along Together : http://chupa-nosan.com/

  • Twitter
  • Facebook